ドライブレコーダー購入で、注意する事!

08.19

コメントは受け付けていません。

IMG_8192

ドライブレコーダーが、必須アイテムとして随分と浸透してきました。

これが無いと不安で仕方がないなんて人もいます。

残念ながら、世間では理不尽な運転や危ない方も増えていますから、備えておいて然るべきなのです。

商品の選択肢も沢山ありますが、最低限抑えておいて欲しい機能もあります。

実際に販売していて、あるいは使ってみて経験した事から述べてみます。

今後、購入を検討されている方の参考になれば良いですね。

前提条件として、安物は役に立ちません。

銭失いに繋がります。

SDメモリーカードは、消耗品です。

1年くらいで交換が目安らしいですが、使えるうちは良いと思います。

温暖化により、本体のダメージが大きくなりました。

これは、仕方ありません。

写りの良い場所に設置する為、陽当たりも良いのですから。

時計はズレるものです。

内臓のバッテリー容量が少ないので、バックアップする時間に限りがあります。

時計のメモリーが出来ないから、これも仕方ありません。

これらは、こういう物だと捉えて覚えておいて下さい。

余程の高級機種やオプションバッテリーを付けていないと、一般的には現実的ではないのです。

TVは、電波障害で映りが悪くなります。

そんな中で購入をするのですが、選定基準を説明しておきましょう。

・画質

画素数だけでは、ありません。

フレーム数や撮影される角度、夜の映りも重要です。

・撮影範囲

最早、前だけでは事足りません。

前後2カメラなんて売り出していますが、それよりも優先すべきは左右。

だから、360度撮影をお勧めします。

事故は、自らの過失が無ければ前方の事故はほとんどありません。

後方は、追突事故の過失はゼロなので、煽り運転が怖くても、基本的に無視で良いでしょう。

多いのは、左右なのです。

2カメラでは、映りません。

360度に後方カメラを追加する分には良いですけどね。

・パーキング監視モード

付いているに越した事は、ありません。

当て逃げには、効果的です。

これも内臓バッテリーの容量次第で、監視時間が決まります。

勿論、時計なんてもっとズレるに決まっています。

・耐熱性

先にも述べました通り、温暖化で壊れるケースも多くなりました。

安物は、本当にダメです。

取付に吸盤を使うのも減ってきたのは、この為です。

ここまでのお話で、随分と選択肢が狭まってきたと思います。

後は、取り付け方。

世の中のほとんどは、シガーソケットや分岐で電源を取るのでしょうが、現代のクルマではナンセンス。

手間でも、独立電源で取る事をお勧めします。

ヒューズが飛んで、事故の際に撮れていなかったでは意味がありません。

実話ですけどね。。。

最近の当社の売れ筋は、ユピテル指定店専売品の720度撮影とセキュリティーが備わっている物です。

これは費用対効果に優れているので、凄く売れています。

ただ、バッテリーの負担が増すので、長時間セキュリティーに依存される様でしたら、当社のリチウムイオンバッテリーと合わせて装着される事をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る
Positions by Seo-Watcher